多年草の緑黄色野菜

ニラは、ユリ科ネギ属の多年草で、ラッキョウやタマネギと同じアリウム属に属する緑黄色野菜の一つです。

普通ニラといえば、「葉ニラ」を指しますが、色や食用する部分によって「葉ニラ」「黄ニラ」「花ニラ」に区別されます。

アジアで食される

ニラの原産は、中国西部とされています。寒さにも暑さにも強く、摘んでも摘んでも、すぐ芽が出てくるという生命力の強い野菜で、西アジアからインド、東南アジアやシベリアにかけて分布。主に栽培しているのは東洋だけだそう。

日本では古事記にニラの記述があり、かなり古くから自生していたという説もあります。ただし、日本の一般家庭に普及したのは戦後で、中華料理が家庭でも作られるようになったことで需要が膨らんだと言われています。

スタミナ効果もある栄養がたっぷり

バストアップに欠かせない栄養成分がたっぷりのニラ。ベータカロチンや、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを豊富に含んでいる野菜です。また、ニラ特有の匂いの元であるアリシンという成分は、ビタミンB1と結合すると、アリチアミンという物質に変化。

体内でビタミンB1と同じような働きをします。このアリチアミンは、体内への吸収率がよく、疲れにくい体を作るサポートをしてくれます。 さらに、ニラは新陳代謝を促すので、風邪予防などスタミナ増強食品としても利用されています。

食事面以外の方法は?

およそ下記の方法に分類できます。望む結果になるかどうかは、どうしても試してみないとわからないのが現実。まずは、リスクをできるだけ避けるために、情報収集が大切です。下記で具体的な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。
美容整形
エステ
サプリメント
マッサージ用クリーム・ジェル
矯正器具、運動器具、マニュアルなど


ふんだんにニラを使った中華饅頭

新鮮なニラと豚肉をたっぷり使用し、柔らかくコシのある皮で包んだ本格中華の「にら饅頭」です。


意外と低カロリーなじゃがいも

バストアップに必要な数々の栄養をじゃがいもでバランス良く取ることができます。じゃがいもには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6、ビタミンCなど、体の調子を整えるビタミンが豊富です。栄養価が非常に高いじゃがいもですが、気になるカロリーは意外と低カロリーなのも嬉しい食材であるといえるでしょう。


スタミナ増強食品でもあるニラ

欠かせない栄養成分がたっぷりのニラ。ベータカロチンや、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを豊富に含んでいる野菜です。また新陳代謝を促すことで知られており、風邪の予防などスタミナ増強食品としても利用されています。


1年を通して食することができるサヤインゲン

バストアップなどの美容効果が期待できる理由としては、サヤインゲンにあらゆる栄養素を少量ずつですが、バランスよく含んでいる緑黄色野菜であるということがあげられます。本来の旬は6〜9月ですが、現在では1年を通して食することができる野菜となっています。


簡単に栄養分が摂取できるモロヘイヤ

忙しくて外食が多いという女性や、食事の栄養バランスが偏りがちという女性には、簡単に栄養分が摂取できるのでお勧めなのがモロヘイヤです。世界では古くから食べられてきた食材ですが、日本での栽培が始まってから、まだ十数年しか経っていないそうです。しかし現在では、非常に身近な野菜となっています。


白く美しいバストのために期待が持てるトマト

食物繊維も豊富で、実は栄養価のとても高い野菜です。そのためバストアップをはじめ、健康促進にはとてもよい食材といえるでしょう。トマトに含まれるリコピンには美白効果もあると言われているため、白く美しいバストのためにも期待が持てる野菜です。


野菜類は豊かな胸に必要な栄養素の宝庫

野菜嫌いのあなたは、考えを変える必要があります。なぜなら、野菜にはビタミン、ミネラルといった豊かな胸に必要な栄養素の宝庫であるからです。また気になるカロリーも他の食品に比べて低く、ダイエットにも欠かせません。

ここでは、とくに胸の成長に役立つ栄養素が目立つと思われる野菜類をピックアップしてみました。こんな野菜を意識して毎日の食事を楽しみましょう。


バストアップに効果的な食べ物ってありますか?

栄養学的に役立つ食べ物をまとめてみました。チーズ、ヨーグルト、牛乳、肉類、魚介類、卵、豆乳、豆腐、納豆、大豆食品、マグロ、緑茶、ニンジン、かぼちゃ、ピーナッツ、豚肉、うなぎ・・・などなど。

● 掲載している記述は、栄養素や食品に関する一般的情報です。いわゆる効能を示したものではない事を予めご了承ください。

Copyright (C) バストアップ事典 バストアップに効果的な食べ物ってありますか?. All Rights Reserved.