文明開化から始まった食文化

江戸時代には健康増進や病人の養生のために食用されていた牛肉が、本格的に食べられ始めたのは、明治の文明開化から。牛なべ屋(すき焼き)の流行以降とされています。

牛肉には、脂質、たんぱく質、鉄分が豊富に含まれており、特に鉄は豚肉より多く含まれています。

良質なたんぱく質がたっぷり

バストアップに欠かせない良質なたんぱく質も多い牛肉。たんぱく質は人間の体に不可欠な栄養素で、皮膚、骨、筋肉、毛髪、血液などを構成する成分です。

たんぱく質は、約20種類のアミノ酸から作られていますが、そのうち9種類は人間の体内で作ることができず食品からの摂取が必要となります。 これを必須アミノ酸と呼びますが、牛肉にはこの必須アミノ酸もバランス良く含まれています。

美容やバストアップ

牛肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸など美容と健康に効果的なビタミンB群や、鉄分も豊富。 バストアップに取り入れたい食品であると言えます。特にビタミンB2は、美容ビタミンと言われるほどの成分。細胞の再生や成長を促進する働きのあるビタミンで、健康な皮膚、髪、爪をつくります。

そのほか、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝にも関係し、脂肪の燃焼には欠かせません。ビタミンB2が不足すると、脂肪太りを招きやすくなると言われています。

また、肉類に含まれるビタミンB12は野菜には含まれていない成分なので、バランスよく摂取を。ただし、牛肉の動物脂肪には、コレステロール上昇作用があるので食べ過ぎないよう、適量を食べるように気を付けましょう。

食事面以外の方法は?

およそ下記の方法に分類できます。望む結果になるかどうかは、どうしても試してみないとわからないのが現実。まずは、リスクをできるだけ避けるために、情報収集が大切です。下記で具体的な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。
美容整形
エステ
サプリメント
マッサージ用クリーム・ジェル
矯正器具、運動器具、マニュアルなど


阿波牛のちょっとリッチな切り落とし

一般的な「切り落とし」と比較して、黒毛和牛のいろんな部位の中でも肩ロース部位やもも部位を使用しています。見た目はそこそこですが運が良ければロースのはしっこのお肉や大きなスライスも入ってたりするのだとか。抜群の香りとトロける甘さですき焼きなどにもピッタリ。


牛肉には約20種類のアミノ酸が!

バストアップに欠かせない良質なたんぱく質も多い牛肉。美容と健康に効果的なビタミンB群や、鉄分も豊富。バストアップに取り入れたい食品であると言えます。たんぱく質は、約20種類のアミノ酸から作られていますが、そのうち9種類は人間の体内で作ることができず食品からの摂取が必要となります。


女性ホルモンの働きを促す豚肉

豚肉は、バストアップに必要な良質のたんぱく質が豊富に含まれています。また、女性ホルモンの働きを促す役割もあるので、バストアップに効果がある食品と言えます。豚肉には良質のたんぱく質が豊富で、もも肉100g分のたんぱく質を他の食品に換算すると、卵なら2個、牛乳では700mlに相当します。


女性ホルモンの代謝に役立つ牛レバー

ビタミンB6は、バストアップに欠かせない女性ホルモンのひとつ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の代謝に必要な栄養素。牛レバーにはビタミンB6が豊富に含まれているため、バストアップにもよい食材と言えます。しかも上手に取り入れて食べると健康に大きく役立ちます。


100g中に鉄分13mgを含む豚レバー

豚レバーは貧血防止だけでなく、バストアップ効果や視力低下防止、栄養不良を補うなどが期待できる優れた食品。バストアップには欠かせない成分、亜鉛も含まれています。また1日に大人一人あたり必要な鉄分の摂取量は13mgと言われていますが、豚レバーには100gの中に鉄分13mgが、含まれているというから驚きです。


美容面から考える肉類

肉類は食べ過ぎないようにしなければなりませんが、必要な栄養素も豊富に含まれています。ここでは、胸はもちろん、美容面からも知っておきたい栄養素を含んだ肉類をまとめています。


バストアップに効果的な食べ物ってありますか?

栄養学的に役立つ食べ物をまとめてみました。チーズ、ヨーグルト、牛乳、肉類、魚介類、卵、豆乳、豆腐、納豆、大豆食品、マグロ、緑茶、ニンジン、かぼちゃ、ピーナッツ、豚肉、うなぎ・・・などなど。

● 掲載している記述は、栄養素や食品に関する一般的情報です。いわゆる効能を示したものではない事を予めご了承ください。

Copyright (C) バストアップ事典 バストアップに効果的な食べ物ってありますか?. All Rights Reserved.