体に良いと沖縄で昔から食べられてきた

中国では古くから豚肉が食べられてきましたが、日本では牛肉から少し遅れて、明治末期に豚肉が一般的に普及しました。 とんかつが発明され、店のメニューとして発表されたのがきっかけだったと言われています。ただ、古くから中国の影響を受けている沖縄だけは、豚肉は昔から体に良いということで食されています。

捨てるところがない食材としてあらゆる部位が利用され、沖縄は豚肉の消費量が日本一でもあります。

バストアップに必要な良質のたんぱく質が豊富

豚肉には良質のたんぱく質が豊富で、もも肉100g分のたんぱく質を他の食品に換算すると、卵なら2個、牛乳では700mlに相当します。

豚肉に含まれるたんぱく質は、肌や血管の弾力性を保ち、余分な脂肪を燃焼させて贅肉を少なくさせる効果があると言われ、美容にもダイエットにも良いとされています。 また、女性ホルモンの働きを促す役割もあるので、バストアップにも効果がある食品と言えます。

疲労回復効果があるビタミンB1も多量

良質なたんぱく質と共に、豚肉にはビタミンB1も多く含まれています。牛肉と比べると約10倍のビタミンB1が含まれており、肉類の中で一番の供給源と言えます。

ビタミンB1は糖質の代謝や神経の働きに関係しているため、イライラを防ぎ疲労回復に効果があります。 ただし、美容にもいいし、疲労回復にも効果があるからと言って食べ過ぎると、疲労のもとになるピルビン酸が増え、体内の水素と結びついて疲労物質の乳酸が溜まってしまいます。

クエン酸を多く含むレモン等と一緒に食べると、ピルビン酸はクエン酸に変化し、エネルギーに変わるので、そういったことを考えながら料理をすると良いでしょう。

食事面以外の方法は?

およそ下記の方法に分類できます。望む結果になるかどうかは、どうしても試してみないとわからないのが現実。まずは、リスクをできるだけ避けるために、情報収集が大切です。下記で具体的な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。
美容整形
エステ
サプリメント
マッサージ用クリーム・ジェル
矯正器具、運動器具、マニュアルなど


放牧されドングリで育ったイベリコ豚

イベリコ豚といえば、放牧で育てられるのが特徴です。スペインのコルク樫の森に放されます。そこでドングリを食べて育つイベリコ豚は、たくましい赤身の肉を付け、ナッティーな味わいのお肉になるのだとか。


牛肉には約20種類のアミノ酸が!

バストアップに欠かせない良質なたんぱく質も多い牛肉。美容と健康に効果的なビタミンB群や、鉄分も豊富。バストアップに取り入れたい食品であると言えます。たんぱく質は、約20種類のアミノ酸から作られていますが、そのうち9種類は人間の体内で作ることができず食品からの摂取が必要となります。


女性ホルモンの働きを促す豚肉

豚肉は、バストアップに必要な良質のたんぱく質が豊富に含まれています。また、女性ホルモンの働きを促す役割もあるので、バストアップに効果がある食品と言えます。豚肉には良質のたんぱく質が豊富で、もも肉100g分のたんぱく質を他の食品に換算すると、卵なら2個、牛乳では700mlに相当します。


女性ホルモンの代謝に役立つ牛レバー

ビタミンB6は、バストアップに欠かせない女性ホルモンのひとつ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の代謝に必要な栄養素。牛レバーにはビタミンB6が豊富に含まれているため、バストアップにもよい食材と言えます。しかも上手に取り入れて食べると健康に大きく役立ちます。


100g中に鉄分13mgを含む豚レバー

豚レバーは貧血防止だけでなく、バストアップ効果や視力低下防止、栄養不良を補うなどが期待できる優れた食品。バストアップには欠かせない成分、亜鉛も含まれています。また1日に大人一人あたり必要な鉄分の摂取量は13mgと言われていますが、豚レバーには100gの中に鉄分13mgが、含まれているというから驚きです。


美容面から考える肉類

肉類は食べ過ぎないようにしなければなりませんが、必要な栄養素も豊富に含まれています。ここでは、胸はもちろん、美容面からも知っておきたい栄養素を含んだ肉類をまとめています。


バストアップに効果的な食べ物ってありますか?

栄養学的に役立つ食べ物をまとめてみました。チーズ、ヨーグルト、牛乳、肉類、魚介類、卵、豆乳、豆腐、納豆、大豆食品、マグロ、緑茶、ニンジン、かぼちゃ、ピーナッツ、豚肉、うなぎ・・・などなど。

● 掲載している記述は、栄養素や食品に関する一般的情報です。いわゆる効能を示したものではない事を予めご了承ください。

Copyright (C) バストアップ事典 バストアップに効果的な食べ物ってありますか?. All Rights Reserved.